The Play

プレイ

屋外を舞台に「特になんらかの理由を持たない行為」を行うことを目的としたアーティスト・グループ。1967 年に様々な背景を持つアーティストが集まって関西で結成。60 年代から現在に至るまでグループとして活動を続けている極めて稀有な存在として、戦後の日本現代美術史に名を残している。「野外での永遠の時間と行為」を志向すると述べる彼らは、自らの行為を、プレイ(あそび)であること、誠実であること、ユーモアがあることに意識を置いて活動を続ける。彼らの最も有名なパフォーマンスとして、淀川を矢印の形状をしたの筏にのって下るものがある。矢印の形状が示す志向性と、その行為の無目的性が、激しくせめぎ合うこの作品は、近年パリのセーヌ川でも行われて話題となった。

Staging most of their actions, “without particular reason,” in “natural outdoor spaces,” and admitting they “only like[d] the infinite time and space of open air,” The Play is a fluctuating art collective gathering individuals with various personalities and skills, formed in 1967 in the Japanese Kansai region. Still active today the group has constantly devised its own methods for collective actions and the ways for transmitting them, its members coming together to create the possibility of an event without any concern for its result. Its persistence and longevity have set The Play apart from other groups in Japanese art history, never completely integrated, yet never completely at the margins. Refusing to distinguish art from life, The Play underlines an attitude and an outlook focused on playing, sincerity and humor, notions that remain crucial today.

IE: The Play Have a House( 立体)
1972 / 2015
Wood, paint, DVD and monitor
Video, 19’42”
Courtesy: the artists

Photo:Keizo Kioku

© PLAY