私を支えてくれているもの

朝起きる。
まだ朦朧とした頭で台所へ向かう。
自らの声を聞きながら、私は考える。
 
何を飲もう?
何を食べよう?
何に盛ろう?
 

春、夏、秋、冬。
季節は移ろい、私自身も移ろってゆく。
 
答えは、私の体だけが知っている。
その朝、瞳に飛び込んでくる光や影、肌に触れる空気や湿気。
過ぎ去った、昨日という一日。
今日、これから来るべき時間。
さまざまなことが、私の朝を決める。
 
自らが口にするものが、私の体を作り、思考を支えている。
 
昼が来て、夜を迎え、みなで食卓を囲み、また眠りにつくその時まで、
手にするもの、目に触れるもの、耳に入ってくるもの全てが、心地よいものであるように。
 
私は願う。
これからもずっと、願い続ける。

食べるもの、飲むもの、盛るもの、身につけるもの。
ずっと、選ぶことを忘れないでいたい。
選ぶことは、日々の小さな尊厳だ。
いいものを作っている人、心地よく暮らしている人は、いい顔をしている。
私も、いい顔でいられるよう、いい料理を、いい暮らしを、志している。

”最後の食事に何を食べたいか?”
 
ごはん、みそ汁、のり、漬物。
ありきたりだが、私は、こう答えられる自分を誇りに思う。
 
どれも、日々、大切にしているもの。
米粒一粒、漬物一切れにいたるまで、決しておろそかにせず、心を込めて拵える。
だからこそ、どんなご馳走よりも尊い。
 
米を研ぐ。
だしを引く。
野菜を漬ける。
 
好きな飯碗、好きな汁椀、好きな皿。
ありきたりのものを、とびきりおいしく作り、自分が好きな器で食べる。
 
私の日々を支えるものが、みなさんの食卓にも届きますように。
 

 
 
 
 

やまくに いりこ
かけざわ屋 ゆっくり味噌
有明バラ干し海苔
松栄農園 コシヒカリ
日高 坊津の塩
たから農園 しょうが
くらや 梅
くるみの木 お膳
高野竹工 箸