Superflex

スーパーフレックス

スーパーフレックスは、1993年にヤコブ・フェンガー、ラスムス・ニールセン、ビョーンスターネ・クリスチャンセンによってコペン―ハーデンで結成されたアーティストのグループである。彼らは自分たちの作成制作をツール(道具)と呼び、経済生産性を変容させる実験的モデル開発などの議論に人々を招きいれる装置として位置付けている。経済パワー、民主的生産性のための条件、自律的な組織化といったものが、彼らの作品のテーマとなる。実際彼らは、ブラジル、タイ、ヨーロッパにおいて、代替エネルギー生産や商品生産の方式について研究を行い、現状の経済システムの問題点を明らかにした。これらの作品は、ー 例えば、ガラナ飲料に関わる現在進行中のプロジェクト「ガラナ・プロジェクト」において、地元の生産者と共にカフェイン含有量が高い実をつける作物を使った飲料を開発するなど ー、必ずしも商業主義やグローバリズムに反対するものではなく、むしろ経済システムを視覚化し、新しいバランスを確立させるものである。

Superflex is a Danish artists’ group founded in 1993 by Jakob Fenger, Rasmus Nielsen and Bjørnstjerne Christiansen. Superflex describe their projects as Tools, as proposals that invite people to participate in and communicate the development of experimental models that alter the economic production conditions. Often their projects are related to economic forces, democratic production conditions and self-organisation. The artists have examined alternative energy production methods and commodity production in Brazil, Thailand and Europe in their projects, which both expose and question the existing economic structures. These artistic activities — as, for example, with the on-going project Guaraná Power, in which the artists developed a drink together with local farmers who cultivate the caffeine-rich berries of the guarana plant — are not necessarily opposed to commercialism and globalisation, but try instead to render economic structures visible and to establish a new balance.

水没したマクドナルド
Flooded McDonalds
2008
Video 21’
Courtesy: the artists

Photo:Keizo Kioku