ウェブ版「美術手帖」にて、堂島リバービエンナーレ2019が紹介されました。

参加作家は、ゲルハルト・リヒターの「アトラス」全809点を核に、トーマス・ルフ、フィオナ・タン、ダレン・アーモンド、佐藤允、空音央とアルバート・トーレンの全6組で、「歴史的記憶」をテーマに展開。開催に向け、飯田は本展を「“飼い馴らされて”いないアートとはなんなのかを問いかけていくもの」であり、「理性的な記憶にとどまらない身体的記憶を呼び起こすことによって、“文明”と“野蛮”を対峙させることを表明していくこと」がコンセプトであると語る。(本文抜粋)

ウェブ版「美術手帖」