Michael Stevenson

マイケル・スティーブンソン

マイケル・スティーブンソンの作品は、コンセプトと物質性の双方に関わる。その作品は、立体、インスタレーション、ドローイング、映像など多岐にわたり、彼は、個々の作品が意図するコンセプトをベースに作品形態を形成しつつ、アートと経済との結節点となる歴史的な事象について、特に大きな関心を寄せる。作品の出発点として、公的、私的を問わず、複雑に交錯する特定の歴史上の人物や事件が取り上げられ、それらは考古学に似せた手法によって提示される。作品には、物語の核心となる物体の再制作物やコピーが含まれることも多々ある。それらの物語は寓意性を持ち、スティーブンスンの作品を介して、特異性から普遍性へ、あるいは不可能性からファンタジーへといった幅広い読解を結果的にもたらすものとなる。彼の興味はまさにそうした点にある。

Michael Stevenson’s practice embraces both conceptual art and objects. He works across a number of media including sculpture, installation, drawing and film. Allowing the conceptual basis for a project to dictate the form of each artwork, he is particularly interested in historical moments that demonstrate the nexus between art and economics. The point of departure for his practice is often a singular historical story concerning intersecting figures and events, both public and private. His work delivers traces of that story in a manner akin to archaeology. Some works involve a reproduction or facsimile of an object central to the tale. The artist is drawn to stories that tend toward allegory, as a consequence of which his work invites readings from the particular to the universal, and from the improbable to the fantastical.

運勢
Fortune
2011 / 2015
Mixed media
186 × 120 × 90 cm
Courtesy: the artist

Photo:Keizo Kioku