Melanie Gilligan

メラニー・ギリガン

メラニー・ギリガンの映像作品は、テクノロジーや経済が、いかにして日常の相互作用や人間関係を手段化していくかを描く。最新作の実験的なナレーション・ドラマ「常識」では、他人の感覚や感情を直接体験することができる空想上の未来テクノロジーである、「パッチ」と呼ばれる一種の人工器官について語られる。ギリガンは、現代における私たちとテクノロジー(携帯電話、iPadなど)との関係性を取り上げ、それらが私たちの意識、身体、そして資本主義経済において生きること、関係性を持つことに多大な影響を及ぼしていることについて問題を提起する。

Melanie Gilligan’s video-works examine how technology and the economy instrumentalize everyday interactions and human relations. In her latest work, The Common Sense, an experimental narrative drama, she tells the story of a speculative future technology, “The Patch,” a sort of prosthesis which makes it possible to directly experience the physical sensations and feelings of another person. Gilligan raises questions about our present relationship to technology (mobile telephones, iPads, etc.), which increasingly shapes our minds, our bodies, and the way we live and interact within a capitalist system.

コモンセンス(フェーズ1)
The Common Sense, Phase 1
2013-14
Video, 5 episodes, 6’50” each
Courtesy: the artist and Galerie Max Mayer,
Dusseldorf

Photo:Keizo Kioku