Hito Steyerl

ヒト・スタヤル

ヒト・スタヤルは、映像、美術、ドキュメンタリー映像を手掛けるドイツ人の作家。デジタル時代における、映像が持つ現代的意味や政治性といった要素を、ユニークな手法で際立たせる。グローバルなコミュニケーション・テクノロジー、― およびそれに付随する画像流通を介して浮かび上がるグローバルな関係性 ―、が政治、文化、自意識などにもたらす多大な影響力といった問題が、作品の核心となっている。

Hito Steyerl is a German filmmaker, visual artist, and author in the field of essayist documentary video. Her practice uniquely articulates the contemporary status of images, and of image politics, in the digital age. Central to her work is the notion that global communication technologies – and the attendant mediation of the world through circulating images – have had a dramatic impact on conceptions of governmentality, culture, economics and subjectivity itself.

リクイディティ・インク
Liquidity Inc.
2014
Video (30’), architectural environment
Courtesy: the artist and Andrew Kreps Gallery
New York

PHOTO:Keizo Kioku