DOJIMA RIVER BIENNALE DOJIMA RIVER BIENNALE DOJIMA RIVER BIENNALE
ABOUT

堂島リバーフォーラムではこの夏4度目となる「堂島リバービエンナーレ2015」を開催致します。アートをさまざまな分野とつなげることで、新たなアート、そして社会の地平を浮かび上らせていきます。今回は、英国よりTom Trevor (トム・トレバー)をアーティスティックディレクターに迎え「Take Me To The River ー同時代性の潮流」と題した展示を行います。

Take Me To The Riverは、現代における「流れの空間性」と、そこに現れる変容と交換を探る展覧会です。国内外から注目のアーティストが大阪に集結。パリを拠点とする池田亮司は昨年11月『Red Bull Music Academy presents test pattern [n°6] : Ryoji Ikeda』でも大きく話題となりました。そんな池田は約22x11mの関西での展示としては最大のインスタレーションを展開します。また、現在開催中のヴェネチア・ビエンナーレのドイツ館の代表作家であるヒト・スタヤルも参加します。15組のアーティストがいずれも刺激的な話題作をダイナミックに展開いたします。

堂島リバービエンナーレは第一回目では、南條史生氏(森美術館館長)をアート・ディレクターに迎え「リフレクション:アートに見る世界の今」という展示を行いました。グローバル社会の中で、金融危機や地域紛争、貧困問題など、社会の諸相を提起する、世界各国からのアート作品が並び注目を集めました。

第二回目では、飯田高誉氏(森美術館理事/インディペンデントキューレーター)をアーティスティック・ディレクターに迎え「ECOSOPHIA(エコソフィア)」と題した展示を行います。これからの地球のあり方を、アートと建築というテーマのもとに自然環境、社会環境、人間の心理の3方向から考察する場となり未来に向けての地球ヴィジョン、新たな自然観、世界観を指し示す空間を会場全体で表現しました。

第三回目では、台北をベースに現代アートコレクターとして活躍しているルディ・ツェン氏をアーティスティックディレクターに招き、タイトルを「Little Water」として開催しました。川が人々の日常の暮らしに大きな役割を果たしている姿、流れる川の美しさや水の多様性からインスピレーションを得て「豊かな文明・文化は川沿いから始まる」をテーマにしました。

過去3回とは異なる視点からのアプローチでキュレーションをして作りあげられる本展を、ぜひご来場いただき体感して頂ければ幸いです。

堂島リバーフォーラム

プロデューサー 古久保 ひかり

主催=堂島リバーフォーラム
企画・制作=堂島リバーフォーラム

特別協賛=大和ハウス工業株式会社

協賛=サントリーホールディングス株式会社/株式会社ECC/NTT西日本/コクヨ株式会社/株式会社りそな銀行/
株式会社ヤマノ アンド アソシエイツ/アートコーポレーション株式会社

後援=大阪府/大阪市/大阪商工会議所/一般社団法人 関西経済同友会/公益財団法人 関西・大阪21世紀協会
グレイトブリテン・ササカワ財団/在京都フランス総領事館/アンスティチュ・フランセ関西/朝日放送株式会社/FM802/FM COCOLO

協力=株式会社ナイルスコミュニケーションズ/京阪電気鉄道株式会社/TOKK/一本松海運株式会社/株式会社ハートス

 

Dojima River Biennale 2015 will be held this summer at the Dojima River Forum. By linking art with many other areas, it promises to bring new horizons for art into sight.

The first Biennale had the theme of “Reflection:The World Through Art,”with Fumio Nanjo, Director of the Mori Art Museum as Art Director. Presenting art from around the world that addressed issues faced by our global society-including financial crises, regional conflicts, and poverty-it successfully
drew public attention to these issues.

The second Biennale had the theme of “ECOSOPHIA”, with Takayo Iida, Chief Curator of the Aomori Museum of Art as Artistic Director.
The triple disasters that occurred in Japan in March 2011 have provided a powerful impetus for a serious review of how we think about our earth.
Based on the theme of Art & Architecture, the Biennale has become a venue for examining this visual issue from three perspectives-the natural
environment, the social environment, and human psychology.

The third Biennale was held under the theme of “Little Water”, inviting Rudy Tsuen, an internationally renowned art collector based in Taipei as Artistic Director.  The central concept of the exhibition “rich culture and civilization originate from the river” ,  was inspired by that the rivers exist as an
indispensable part of human lives, its beauty of scenery and diverse entities that the water assumes.

The fourth Biennale to be held this summer, is curated by Tom Trevor, the former director at Arnolfini in Bristol, U.K. as the Artistic Director with the theme of “Take Me To The River – Currents of the contemporary”.

“Take Me To The River” is a project about change and exchange in the contemporary space of flows. Exploring the notion of ‘the current’ within
contemporary art, and the confluence of multiple temporalities within globalised culture today, it employs the metaphor of the river to examine the
experience of being immersed in a world marked by an unprecedented diversity and depth of difference, by the coexistence of incommensurable
viewpoints, and by the absence of an all-encompassing narrative (including those of modernity or post-modernity) that will enlist the participation of all.

Hikari Furukubo
Producer
Dojima River Forum

 

Organizer:Dojima River Forum

Planning and Production: Dojima River Forum

With the special sponsorship of:Daiwa House Industry Co., Ltd.

Sponsored by: Suntory Holdings Limited/ECC CO., Ltd./NTT WEST/KOKUYO Co.,Ltd./Resona Bank, Limited.
YAMANO AND ASSOCIATES LTD./ART CORPORATION

In Cooperation with: Osaka Prefectural Government/Osaka City/Osaka Chamber of Commerce and Industry
Kansai Association of Corporate Executives/KANSAI・ OSAKA 21st Century Association
The Great Britain Sasakawa Foundation/Consulat général de France à Kyoto/Institut français du Japon – Kansai
Asahi Broadcasting Corporation/FM 802/FM COCOLO

Supported by : Niles Communications, Inc. /Keihan Electric Railway Co.,Ltd./TOKK/IPPONMATSU KAIUN KAISHA,LTD.
HEART-S CO.,LTD